使って比較!コエンザイムQ10製品体験&比較サイト

管理人の体験レビューとユーザーの口コミまとめ

メインイメージ
画像

医薬品成分としても使われたコエンザイムQ10

コエンザイムQ10ってよく耳にしますが、どんなものなのかよくご存じでない方も多いかと思います。
コエンザイムQ10は細胞の中で、電子伝達系というところではたらいています。
少し専門的な話になりますが、細胞中の解糖系とクエン酸回路で産生されたエネルギーのもと(電子伝達体といいます)を、細胞の中で使うエネルギー(ATPという物質)にするのに電子伝達系を介します。
電子伝達系と聞いてもピンとこないと思いますが、簡単に言えば、私たちが生きるためのエネルギーを産生するための一過程です。
つまり、エネルギーを作る歯車というわけです。
このコエンザイムQ10は体内でも産生されますが、この産生能力は加齢とともに減少するといわれています。
このため、アンチエイジングを称する健康食品などに含まれています。
エネルギーを作る機能が衰えては、食べ物等から体内で使うためのエネルギーが得られないため、無駄なエネルギーが脂肪などになってしまう可能性もあります。
そのため、最近はダイエットサプリメントなどにも配合されているケースがあります。
また、抗酸化作用もあるとされており、そういった効果を期待して美容のサプリメントにも配合されているケースもあります。


さて、このコエンザイムQ10ですが、以前は医薬品として使用されていたこともありました。
うっ血性心不全に対して使用されていました。
医薬品として使用されていましたので、ヒトに対する厳しい臨床試験をクリアしています。
つまり、安全性などについてはお墨付きがあるということです。
医薬品の臨床試験では上限量などを定めるための試験をしています。
このため、当然これ以上飲むと悪い作用が出てしまうという量もわかっています。
このため、複数の健康食品を服用していらっしゃる方は、服用のし過ぎに気にかけたほうがよいかと思います。
話は変わりますが、最近の研究で抗酸化作用が突発性難聴に効果があることが明らかになってきました。
まだ、マウスレベルでの研究ですが、今後臨床研究が進めば、そういった分野での医薬品として承認されるかもしれません。
それ以外にも、抗酸化作用などに着目されてさまざまな分野で研究がされていると聞きます。
特に日本で世界的に見ても大規模な生産をされているため、日本は世界から見ても研究が進んでいるようです。
これからもさまざまな効果が見いだされてくるかもしれません。
体中の細胞にあるものですので、いろいろな効果が発見されてくるかもしれません。 また、コエンザイム以外におすすめしたいのが、高麗人参http://xn--gmq95j107eved.tk/main1.htmlです。高麗人参も健康や美容効果に大変優れています。