使って比較!コエンザイムQ10製品体験&比較サイト

管理人の体験レビューとユーザーの口コミまとめ

メインイメージ
画像

最近話題の成分のコエンザイムQ10とは

最近、TVや雑誌なので良く目にするコエンザイムQ10と言う成分、一体どんなものかと言いますと、体内のエネルギーを作るために必要な補酵素のひとつです。
人間が生きていく上で必要なエネルギーの大半はミトコンドリアで生成されていると言われてます。
そしてこのミトコンドリア内に多く含まれているわけです。
そしてこのコエンザイムQ10は大きく分けて2つの働きをしてくれます。
まず一つは糖やアミノ酸、脂肪をエネルギーに変えてくれる働きをします。
また新陳代謝を高めてくれる効果も分かっています。
ですからダイエットにも絶大な効果があると言えます。
そしてもう一つは細胞を活性酸素による酸化から強力に守り、老化から守る働き、つまりアンチエイジング効果を持っています。
良くTVや雑誌などでも目にするコラーゲンと良く似た働きもしてくれると言われていますし、アンチエイジングを大々的に謳っています。
それに元々は1957年にイギリスのクレーン博士が発見し今日の成果に至るまでは、心臓病の薬として扱われていた時もあり、心不全に効果があり、それに伴い不整脈や低血圧による目眩・頭痛・肩こり・むくみ・手足の冷え性を軽減する効果があります。


そしてこのコエンザイムQ10濃度のピークは20歳代でそれ以降は徐々に減っていってしまいます。
心臓、肝臓、腎臓、肺にも入っており、器官で一番重要な心臓では、ピーク時に比べて40歳代で30パーセント80歳代では50パーセント減少する事が分かっています。
ですから高齢者にとってとても重要な成分なのです。
摂取する方法としてはサプリメントや牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、大豆食品、もちろん普段口にするイワシやサケの魚類やキャベツやじゃがいもといった野菜類にも含まれています。
しかし一番大事なのは1日にどれほど摂取したら良いかが重点です。
はっきり言いますと食事だけでは十分な摂取量に届きません。
1日に必要とされる量は大体30mgから6 0mgと言われています。
これを例えば、イワシで例えるならば1日6匹分、牛肉ならば900g摂取しなくてはいけないからです。
とくに必要であろう高齢者では十分な摂取量を取ることはほぼ不可能と言えます。
また無理に食べようとしても逆に体を危険にしますので、サプリメントなどを併用して無理の無いよう摂取するのが一番です。
また高齢者だけではなく、疲労回復にも効果があるので子供でも、特にスポーツをやっている子に飲ませてあげるのも良いです。

そして最近ではコエンザイムQ10配合のサプリメントドッグフードhttp://storyassistant.com/01.htmlも販売されているそうです。 ペットも含めて家族全員でコエンザイムで健康になりませんか。。